今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
ヒートマット

ヒートマットの買取

ヒートマット買取

ヒートマットとは?

ヒートマットとは?

美容機器におけるヒートマットは施術台の上にヒートマットを敷き、クライアントの体を温めて発汗作用を促して、新陳代謝を高め脂肪の燃焼率をあげ取り除く目的で使うマット。

以前はサウナマットとも呼ばれていました。ダイエットを目的としたエステティックサロンなどで使われているものです。暖める方法は遠赤外線ドームサウナ、温熱シート、超音波など色々な方法で暖めますが、現在は遠赤外線が中心といえます。

ヒートマットは3つ折り、2つ折りといったものを広げてクライアントの体を包み、全身を温めるタイプと、すでに立体的なドームの形をしており、クライアントがそこに入って全身を暖めるタイプがあります。また全身を暖める物、足だけ、腕の二の腕だけを暖めるといったからだの部分にあった大きさの物もあります。

強制的に全身を暖め、発汗作用を促す事で、脂肪の燃焼率を上げるだけでなく、体に溜まっている古くなった細胞や老廃物、不純物も一緒に体外に排出する事が可能です。特に遠赤外線は体の奥深くから暖める効果があるために、皮脂腺から発汗します。これは普段の運動などでは出せない汗のタイプです。そのために長い間に溜まって、体の中に溜まっている毒素も一緒にはきだすデトックス効果も生み出します。

クライアントは横になり、体が温まっているだけで、汗をかきスタイルが良くなると人気があるようです。

もちろん、ヒートマットで体を温めた後には、エスティシャンによるマッサージが行われ、気になる部分の脂肪の燃焼率を効果的に上げる操作を行います。またマッサージの後には火照った体を冷やす意味でも、保水性の高いパックなどを行っているエステが多いようです。

ヒートマットを使った施術は痩身だけではなく、デットクス効果で肌も綺麗にしてくれます。このヒートマットを使った施術を数回にわたり使っていると、体温が上がり痩せやすい体になると言われています。最近はネットでも販売され、エステだけではなく自宅自分専用にと購入する人もいるようです。

ヒートマットを高価買取してもらうポイント

エステサロンなどで使われるヒートマットは、きちんとパラフィンの使い、クライアントの汗が直接マットに付かない工夫を行います。
しかし自宅で使われているものの場合、そこまでの配慮が無い物が多いようです。マットの損傷や傷が無いのはもちろん、匂いやシミが付いていたりすると、どれだけ新品であっても高い買取は望めません。
きちんと消毒し、臭いが残っていないようにしましょう。スイッチがすんなり入らない、マットが温かくなるまでに時間が掛かる、といったものも高価買取は難しいでしょう。必ず綺麗な状態で買取を依頼することです。また付属品のパラフィンや枕、タオルシーツなども一緒に付けると、買取価格が上がります。

ヒートマットを買取したお客様の体験談

ヒートマットを買取したお客様の体験談

ダイエット成功を機に処分することに

遠赤外線の入ったヒートマットを3枚くらいもっていました。マラソンダイエット、絶食ダイエットのどれも上手くいかなくて、もう、藁にもすがる思いで、ヒートマットを購入しては、買い替えを繰り返してきました。
ですが、目標体重に行ったので、今度は、別のダイエットマシンを買おうと思い、この際、買取って貰うことにしました。買取価格も、予想以上に高くついたので、とても嬉しいです。

まさか買取価格がつくなんて、ありがとうございました!

昔から冷え性でしたので、ヒートマットを愛用しています。ところが、引っ越しに伴い、ヒートマットを手放すことにしました。
ヒートマットは、合計で2枚ありましたが、一度は売ってしまい、それからまた、買い替えようと決心しました。
美容機器買取ドットコムさんを調べて、電話をしましたところ、とても丁寧な対応をして頂きました。売れた価格は、購入した価格よりも下回るものの、まさか、買取価格がつくとは思っていませんでしたので、有難い限りです。

手数料無し、着払いの宅配買取が便利でした

自分へのご褒美にとヒートマットを購入して使用していました。でも、思っていたほどダイエット効果がなくて、売ることにしました。
取り合えず、手数料などが一切かからず、買取って貰えたので助かりました。色々とありがとうございました。

代表的な製品

株式会社 CML 

セラミックドーム 602 :温度調整、時間調整がデジタルで行える2つ折りヒートマット 折りたたんだヒートマットの中にクライアントが入ります。多くのエステで使われています。
セラミックドームCML 607 : 多くのヒートマットがクライアントの体をマットで包むものですがlこのセラミックドームは組み立て式ですが、ドームになるのでクライアントが圧迫感を感じる事無く、高い発汗作用が得られるのもです。人気があります。

付属品やオプション品

エステなどで使われるヒートマットには、一人ひとりの汗が直接付かないように使い捨ての、パラフィンシートが使われます。付属品、オプション品としてはこのパラフィンシート、タオルシーツ、フェイスタオル、枕などがあります。

ヒートマットの使い方

ヒートマットの使い方

ヒートマットをベットの上に敷いてから横になります。頭は、枕の上に置き、全身を包むようにして体を温めていきます。
体の中から温まる為、個人差がありますが人によっては大量に汗をかくようになります。
ヒートマットが熱いと感じた場合は、温度を下げたりして、温度の調節をしましょう。ヒートマットに入ることで体の筋肉や脂肪が柔らかくなります。
ヒートマットを使用することにより、脱水症状になりやすい為、水分こまめに補給しましょう。

ヒートマットの修理方法

ヒートマットを使用する際には、温度調節が上手く行かない場合、コードが十分に差し込まれていない可能性がありますので、しっかりと差し込みましょう
また、温かくならない場合は、バッテリーや充電器の故障が考えられます。